gotop

menu

設備紹介

  1. ホーム
  2. 設備紹介

タイヨー軸受株式会社の製造設備

2016年に製造拠点を新工場に移し、生産ラインを大幅に拡張した北九州の「タイヨー軸受株式会社」。ベアリングの再生・修理・メンテナンスを含む生産力の向上により、更なる低コスト化や短納期など、お客様のご要望にもより柔軟にお応えできるようになりました。なお、新工場は公開中です。見学をご希望の企業様はぜひお問い合わせください。

工場概要(設備機械・生産管理・品質管理・検査態勢など)

2016年の4月に操業を開始した新工場の概要です。生産能力はもちろん製品の制度、品質を担保する高度な設備群にご注目ください。

規模 ・敷地面積 17693㎡
・事務所面積 433.5㎡
・工場面積 2122㎡
(分解検査課、機械加工課、組立検査課を収容)
設備機械 ・NC旋盤・・・計4台
・NC内面研削盤・・・2台
・研削盤(センターレス2台含む)・・・8台
・ボール盤・・・3台
・バレル研磨機・・・1台
・電動起重機(1t、2.8t)・・・5台
・自動洗浄機・・・2台
・グラインダー・・・26台
・測定・検査 機器工具・・・62組
・硬度計・測定具ノギス・ダイヤルゲージ・・・30台
分解・点検・清掃・研磨・組立・検査・防錆・包装・出荷 各種ベアリングの種類により、お客様との研削量などの打ち合わせにより限界値を設定。テンションレベラーについては、精度的に通常の表面粗さ0.8S~1.6Sにて仕上げています。また、お客様との打ち合わせ後、寸法精度表によるラジアルスキマ、内径・外径・偏心・横振れなどを1品ごとに測定し、検査結果を一覧表にてご提出します。
特記事項 当社特許取得済みのベアリング再生加工法など、お客様とともに資源の再生利用にて50年にて蓄積された技術にて奉仕いたします。
今後の方針 1.納期厳守・短納期(新作品でも3~4ヶ月/現状)をお約束。
2.再生品でありながら他社新品と同等の耐久性を担保(部品などは同一品使用)。
3.再生品を使い、新品比60%のコストダウンを目指す。

2012 © タイヨー軸受株式会社 All righit Reserved.